めったに使用する事がないが大きな買い物時に必ず必要な実印

様々な印鑑

実印の素材について

実印は、役所で印鑑登録の手続きをした印鑑で、主に官公庁での手続きや契約書、不動産や自動車の取引、保険金の受領等に使用される最も重要な印鑑です。従来では、木製や牙製のシンプルな印鑑という印象がありますが、最近は、カラフルな印鑑や、アタリ部分に、ストーンを付けたもの等、女性にも人気な、おしゃれな実印が増えてきています。どのような実印を作るかを考える時に、何を優先するかが、大切なポイントになります。ファッション性を重視したい場合には、琥珀や、カラーメタル、パール加工をした柘等、好みの見た目の素材を選ぶのが良いでしょう。印鑑を使用する機会が多く硬い素材で選ぶ場合には、チタンが人気です。
錆びにくく、燃えない、一生すり減らずに使えるといわれ、耐久面に優れた素材です。ただ、硬いがゆえに手彫りではなく、機械による彫刻になる為、複製が可能という弱点もあります。 手彫りのもの、高級感があり、希少価値の高い素材といえば、象牙が有名です。色はアイボリーで、変形やひび割れ等もない為、最高級の印鑑ともいわれています。同じく手彫り、高級感にこだわる場合には、黒水牛が人気です。黒水牛は、黒色でかっこよく、捺印性に優れています。ひびが入る事がある等、多少耐久面に弱点もあるようです。他にも様々な素材の印鑑がありますが、一生使う自分だけの実印ですので、自分の好みに合い、納得のいくものを考えて、選ぶべきです。

新着情報

2016/06/22
生活の中で役立つ知識を更新しました。
2016/06/22
字体にも気をつけたい理由を更新しました。
2016/06/22
実印として作るならを更新しました。
2016/06/22
実印の素材についてを更新しました。