めったに使用する事がないが大きな買い物時に必ず必要な実印

様々な印鑑

生活の中で役立つ知識

<実印の注文で気にしたいこと>
①素材選び
実印や銀行印など、これからの人生で長く使っていくものなので、高品質な素材を選びましょう。予算に余裕のある場合は「象牙」や「チタン」をオススメします!
②サイズ選び
実印のサイズは一般的に10~18㎜位の間で作られているそうです。実印は偽造されにくい様にフルネームで作ることがほとんどなので、13.5~18㎜の書体の見えやすい大きめのサイズをオススメします!
③書体選び
判読されにくい書体にしたいのであれば「篆書体」や「吉相体」をオススメします!普通の人が読めない書体だと、偽造されにくいという利点もあります。
<印鑑のキレイな押し方>
・常識ですが、平らな場所で印鑑を押しましょう。
・印面を朱肉に強く押し付けすぎると朱肉内部の油分が過度に付着することで印影に滲んだり、乾きにくさから紙を汚してしまいます。朱肉に「ポンポン」と軽く叩くように、細かく刻むようにすると朱肉が印面に均一に付きキレイに印鑑を押すことができます。通販サイトで印鑑を購入される場合は、「素材」、「サイズ」、「書体」を必ずしっかりと確認してから購入しましょう。また、銀行印を紛失してしまった場合は、紛失届で銀行取引をストップさせるなどして早急に対処しましょう。

新着情報

2016/06/22
生活の中で役立つ知識を更新しました。
2016/06/22
字体にも気をつけたい理由を更新しました。
2016/06/22
実印として作るならを更新しました。
2016/06/22
実印の素材についてを更新しました。