めったに使用する事がないが大きな買い物時に必ず必要な実印

様々な印鑑

そもそも実印とは何なのか

大きな買い物には必要不可欠な実印を作るならコチラへ!こちら【印鑑市場】では熟練の職人が手仕上げで作成しているので、安全面を気にすることなく使用することができますよ。ここにしかない20年保証もあるので、是非チェックしてみてください!

日本は印鑑文化であるとされています。欧米などはサイン文化なのですが、日本は印鑑に物凄く重きを置いています。その最大の物というのが実印になります。実印というのは、いくつか細かい条件がありますが、要するに印影を役所に提出して、公式な書類を作る時に使う印のことです。印鑑証明をしている、ということが実印の条件になります。雑学として本人の名前でなくても良い、ということがあるのは知っておくと良いでしょう。そもそもやる意味があることではないですが、例えば佐藤さんが鈴木という印鑑を実印にすることはできます。
意味がある行為ではないですが、不可能ではない、というのは知っておくと良いです。実印ですが、作ってくれるところは色々とあります。最低限、しっかりとした彫りがされている印鑑である必要がありますが、実はそこまで細かい規定はないです。大きさに関する規定ですが、自治体によって違いがあります。ですから、まずはそれから確認したほうがよいでしょう。大きい方が細かい文字を複雑に彫りこむことができるようになります。印に相応しい字体というのがありますから、できればフルネームにするとよいでしょう。そうすれば偽造がされにくくなります。

実印に関する拘りとしては

印鑑文化、というのは世界的にありますがここまで偏重しているのは日本くらいです。実は明治のときにそれを改めようとしたことがありますが、失敗しています。今でも印、というのは物凄い影響力があります。印鑑登録がされている物を使えば、これは正式な物として認められるようになります。つまりは、契約などのときに必須の道具になっています。こうした印鑑ですが古い歴史がありますし、また、だからこその拘りもあります。実印の中でも最も良いとされている印材としては象牙です。世界的に乱獲されている物であり、今では輸入はできないようになっています。つまりは、国内で流通している物が今の所は最後の印材といえます。
しかし、かなり出回っていますし、実印を作る分に関しては少ない量で出来ますから、実は買おうと思えば買う方法はあります。他にも翡翠などを使うこともあります。歴史、文化に深く関わっているのが印鑑ですから、そこに拘り、風水的な価値や魅力を見出すのは当たり前とはいえます。印材もそうですが印影に拘ることもあります。印の文字に関しては実は制限があります。英語が本名であればそれは英語でもよいですが、漢字の名前で実印を作るのであればそれを使うのが必須になっています。

実印について

実印はめったに使用するものではありませんが、身近では住宅購入時の登記手続き、賃貸物件などの保証人になる時などに実印は必要です。その他、資産・財産の移動や売買、相続の発生時、公正証書を作成する時などにも実印は使用します。その時に急いで作るより、あらかじめ作っておくと良いと思います。作成時には、直接お店に出向きお店の人と相談しながらでもよいですし、ネットでも注文できます。ネットでは実物がわかりにくいという欠点がありますが、お店のHPを見たり電話やメールなどお店の人とのやりとりなどで、誠実な対応をしてくれるところがよいと思います。長く使うものですから素材の良いものを選び、書体は、読みにくく偽造しにくいということを考慮したらよいのではないでしょうか。実印は登録して初めて意味を持ちます。登録には、印鑑・身分証明書を持ち住所地の役所へ行きます。本人が行けない場合は委任状も可能です。役所にある印鑑登録申請書に必要事項を記載し、身分証明書・印鑑を添えて提出すると、印鑑登録証というカードがもらえます。次からはこのカードを持って住所地の役所に行くと、300円ほどで印鑑証明書が発行されますが、本人でなくても取得できるため大切に保管しなくてはいけません。印鑑と印鑑証明書が二つそろって初めて本人の意思で印鑑が押されたことが証明されます。

新着情報

2016/06/22
生活の中で役立つ知識を更新しました。
2016/06/22
字体にも気をつけたい理由を更新しました。
2016/06/22
実印として作るならを更新しました。
2016/06/22
実印の素材についてを更新しました。